株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブライトパスが後場急上昇、iPS-NKT免疫細胞療法の治験1症例目終了 12月17日14時43分

 ブライトパス・バイオ<4594.T>が後場急上昇。この日12時40分ごろ、千葉大学病院及び理化学研究所が実施しているiPS-NKT細胞療法について、iPS-NKT細胞を活用して頭頚部がんの免疫細胞療法の治験1症例目が終了したと発表。ブライトパスが共同研究などを通じてその開発の支援を実施していることから好感されているようだ。

 iPS-NKT細胞療法は、iPS細胞からがんに対する強い攻撃力を持つ免疫細胞「NKT細胞」を作製した「iPS-NKT細胞」をヒトに投与する、世界初となるものという。なお、同件による21年3月期業績への影響はないとしている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 12月17日 14時
アステリア続伸、AI搭載IoT統合エッジウェアの新バージョンを来年1月から提供開始
東京センチュは新値追い、川重と産業用自家発電サポートサービス契約を締結◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »