株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は小幅続伸、IPO銘柄中心に賑わう、プレイドなど4社が初値 12月18日16時42分

本日のマザーズ市場では、この日初値を付けた4社などIPO(新規株式公開)銘柄を中心に賑わった。日経平均のこう着感が強まり、個人投資家の物色の矛先がIPO銘柄に向きやすくなっているものとみられる。また、新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることを受け、前日同様に主力ハイテク株の一角に買いが入ったが、一方で週末を前に利益確定の売りも出た。マザーズ指数は前日終値を挟み一進一退の展開だった。
なお、マザーズ指数は小幅続伸、売買代金は概算で2344.08億円と、今月2日以来の2000億円台乗せ。騰落数は、値上がり116銘柄、値下がり203銘柄、変わらず13銘柄となった。
個別では、時価総額上位のメルカリ<4385>が小幅に上昇し、フリー<4478>は5%を超える上昇。売買代金上位ではBASE<4477>やアンジェス<4563>が買い優勢となった。
直近IPO銘柄では16日上場のFFJ<7092>が大幅続伸して上昇率トップ。同日上場のバルミューダ<6612>は連日のストップ高となった。一方、時価総額上位ではJMDC<4483>、売買代金上位ではマクアケ<4479>やPアンチエイジ<4934>が下落。ラクス<3923>
は小幅安となった。また、前日ストップ高を付けていたALiNK<7077>などが下落率上位に顔を出した。
なお、上場2日目のプレイド<4165>が公開価格のおよそ2倍、ビートレンド<4020>が約3.6倍、かっこ<4166>が約3.9倍となる初値を付けた。また、本日マザーズに新規上場したインバウンド<7031>の初値は公開価格を約28%上回り、ココペリ<4167>は買い気配のまま初値が付かなかった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »