株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・21日>(大引け)=SYSHD、イーレックス、邦チタなど 12月21日15時02分

 SYSホールディングス<3988.T>=後場プラス圏に急浮上。午前11時30分ごろ、第2四半期累計(20年8月~21年1月)連結業績予想について、営業利益を1億500万円から1億4400万円(前年同期比28.4%減)へ、純利益を6900万円から1億700万円(同22.5%減)へ上方修正した。売上高は従来予想の29億3000万円(同0.1%減)の従来見通しを据え置いたものの、オンライン・ツールの活用により移動コストが削減されたことや不要不急の経費使用の見直しなどにより販管費が計画を下回る見通しという。また、助成金収入により営業外収益が増加したことや、投資有価証券売却益を計上したこともプラスに働いた。

 イーレックス<9517.T>=満を持して上場来高値更新。余剰電力を買い取り顧客に再販する電力小売り事業を展開、バイオマスの自社電源も保有していることから、脱炭素社会への取り組みでビジネスチャンスの広がりが期待されている。来年1月20日に発足するバイデン次期米政権は環境インフラに巨額投資を計画し、世界的にもクリーンエネルギー関連株への視線が強まっている。

 東邦チタニウム<5727.T>=上値追い基調を強める。チタン製錬を主力とし、高度なチタン関連技術を生かし電子材料分野でも高実績を持つ。5G関連では高純度金属チタンや超微粉ニッケルが好調に推移。また全固体電池や空気2次電池に応用されるリチウムランタンチタン酸化物(LLTO)という有望素材を手掛けていることも買いの手掛かり材料となっている。直近の中期経営計画では、最終年度の23年3月期に売上高580億円(今期見通し352億円)、営業利益65億円(同27億円)を掲げている。

 アドソル日進<3837.T>=上げ足早める。菅政権がデジタル行政推進を掲げるなか、同社は「セキュア・ラップトップ」など自治体向けテレワークソリューションを展開し需要開拓が期待されている。高水準のデジタル人材を擁しており、AIを活用したICTシステムの提供などにも積極的。日本IBMや富士通<6702.T>、日立製作所<6501.T>、NEC<6701.T>といったそうそうたる大手IT企業やトヨタ自動車<7203.T>、デンソー<6902.T>などと一緒に産業技術総合研究所がまとめたAIの品質ガイドライン策定に参画、市場でも存在感を高めている。毎期増配を続けるなど株主還元姿勢の高さも評価材料となっている。

 長野計器<7715.T>=大幅高で4ケタ大台復帰。車載向けを主力に圧力計・圧力センサーメーカーで世界屈指の競争力を誇る。半導体生産ライン向け構造圧力センサーやデジタル圧力計などでも実績が高く、世界的な半導体市場の拡大が追い風となっている。また、水素関連の側面で注目を集めている。燃料電池車の普及には水素ステーションの普及が欠かせないが、同社はこの水素ステーション向けに独自の高圧技術を生かした製品を提供し、「高圧水素用圧力センサー」で特許を取得している。

 ジーンズメイト<7448.T>=急伸。RIZAPグループ<2928.SP>は18日、傘下のカジュアル衣料専門店を展開するジンズメイトと、ワンダーコーポレーション<3344.T>、HAPiNS<7577.T>の3社を21年4月1日付で経営統合することを発表した。共同株式移転の方式で持ち株会社REXTを設立する。株式の割当比率はワンダコーポ1に対し、ハピンズ0.44、ジンズメイト0.52。持ち株会社および3社はRIZAPの子会社となる。これを受けて関連銘柄は揃ってカイ気配で始まる展開となっている。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にハピンズ
イーレックスは満を持して上場来高値更新、再生エネ関連で物色人気集める◇
SYSHDが後場プラスに急浮上、経費使用見直しなどで上期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »