株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アース製薬が反発、虫ケア用品の売上増で20年12月期業績予想を上方修正 12月21日10時03分

 アース製薬<4985.T>が反発している。前週末18日の取引終了後、20年12月期の連結業績予想について、売上高を1870億円から1940億円(前期比2.4%増)へ、営業利益を46億円から100億円(同2.6倍)へ、純利益を25億5000万円から26億円(同2.1倍)へ上方修正したことが好感されている。

 新型コロナウイルス感染症の影響による巣ごもり消費の拡大に加えて、天候に恵まれたことで、主力の虫ケア用品をはじめ全カテゴリーの売り上げが拡大したという。また、返品削減の仕組み化や販促費や広告宣伝費の適切なコントロールなどに取り組んだ収益構造改革の成果、コロナ禍での活動抑止による旅費・交通費の減少なども寄与した。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<注目銘柄>=FUJI、今期3度目の増額修正も
シンシアが一時S高、20年12月期期末配当は特別配当6円実施して10円へ
レーザーテック、アドバンテなど軟調、米半導体関連の軒並み安受け売り誘発◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »