株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アイナボHD Research Memo(8):配当性向は30%を目途に安定配当を継続。業績次第で増配の可能性も 12月25日16時08分

■株主還元策

アイナボホールディングス<7539>は株主還元策として基本的に配当性向30%を目途としている。2018年9月期の年間配当は30円であったが、2019年9月期は年間配当36円(中間期16円、期末20円)、2020年9月期も年間36円(中間期17円、期末19円)を実施した。現時点で、2021年9月期は年間36円(中間18円、期末18円)を予定しており、予想配当性向は27.4%となる。予想利益が達成された場合の配当性向は30%以下になってしまうことなどから、業績が堅調に推移した場合には、2021年9月期の年間配当が増配される可能性はありそうだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)



<EY>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »