株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「サイバーセキュリティ」が12位にランクイン、ウィズコロナで存在感増す<注目テーマ> 12月25日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 水素
2 全固体電池
3 2020年のIPO
4 電気自動車関連
5 再生可能エネルギー
6 デジタルトランスフォーメーション
7 洋上風力発電
8 ワイヤレス充電
9 人工知能
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サイバーセキュリティ」が12位にランクインしている。

 12月に入り、米政府機関などを対象とした大規模なサイバー攻撃が発覚したことを受けて、改めてテーマ「サイバーセキュリティ」への関心が高まっている。今回明らかになったサイバー攻撃は、米政府機関だけではなく、米半導体大手のインテルや通信機器大手のシスコシステムズなど、20以上の企業や大学などが対象となっていたとされる。米政府はロシアによる攻撃と断定しており、米ロ対立の新たな火種になる可能性もあることから、市場の関心も引き続き高いままで推移しそうだ。

 こうした動き以外にも、サイバーセキュリティーは新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、注目度が増しているテーマといえる。いまや一般的になりつつある「テレワーク」だが、社内LANを外部から使う際に利用するVPNにサイバー攻撃が仕掛けられ、パスワード流出などの被害があったことが伝わっている。働き方改革やウィズコロナの社会において、サイバーセキュリティーは欠かせないサービスであり、この点からも息の長いテーマといえる。

 この日の関連銘柄では、好決算を発表したYE DIGITAL<2354.T>が買われているほか、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」がNTT東日本で取り扱い開始となったと発表したテリロジー<3356.T>が急伸。デジタルアーツ<2326.T>、テクマトリックス<3762.T>などもしっかり。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<動意株・25日>(前引け)=オプトエレ、京写、YEデジタル
テリロジーが急伸、NTT東日本で「みえる通訳」の取り扱い開始
YEデジタルがカイ気配、教育ICT機器の導入促進を追い風に第3四半期経常5割増益


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »