株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

BEENOSは反発、越境EC支援を目的に信金中金と業務提携◇ 12月25日13時38分

 BEENOS<3328.T>は反発している。同社は24日、子会社BeeCruiseと信金中央金庫<8421.T>が、信用金庫取引先の越境ECを活用した海外販路拡大を目的として業務連携を開始すると発表しており、これが好感されているようだ。

 東南アジアにおいて高い人気とユーザー数を誇るECサイト「Shopee(ショッピー)」内に、信用金庫を通じてのみ出品できるオンラインストアを開設し、信用金庫取引先の商品を出品および販売するという。信金中金および信用金庫は出品を希望する取引先を募集し、越境ECにおいて必要となる業務をBeeCruiseがトータルサポートするため、国内外でのEC販売が未経験の企業や東南アジアで試験的にEC販売に取り組みたい企業なども参加できるとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
JTOWERが買われる、ローカル5Gの実験試験局免許を取得
<個人投資家の予想> 12月25日 13時
リビンTは切り返す、ケイアイ不のグループ会社と業務提携◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »