株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:関電工や三菱ガス化学などに注目 12月28日09時07分

先週末25日の米国市場は休場。大阪夜間取引の日経225先物が大阪日中比20円安の26630とほぼ横ばい。週明け28日早朝の為替は1ドル=103.50-60円(先週末大引け時は103.60円付近)。本日の東京市場では、先週末に売買代金1~3位でいずれも値下がりしたソフトバンクG<9984>、任天堂<7974>、ソニー<6758>の買い戻しが予想される。反面、新型コロナウイルス変異種の急速な流行で経済活動制限に対する警戒感が高まりやすくJAL<9201>、7&IーHD<3382>などは軟調な動きを強いられよう。25日開示の決算関連では、ニトリHD<9843>が3-11月期累計の連結経常利益で通期計画の89.2%を確保しており、好業績を評価した買いが予想される。2021年2月期末配当予想を10円引き上げたあさひ<3333>も上伸しよう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げなどが観測された関電工<1942>、三菱ガス化学<4182>、中国塗料<4617>、LITALICO<6187>、デンソー<6902>、図研<6947>、三井ハイテック<6966>、野村<8604>、福井コンピュータ<9790>などに注目。

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »