株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JT---急落、配当権利落ちで換金売りが優勢に 12月29日14時12分

JT<2914>は急落。12月配当権利落ちとなり、換金売りの動きが優勢になっている。期末配当金77円を計画しており、前日終値をベースにすると配当利回りは7%の水準となっていた。不動産売却益一巡による来期業績への不透明感もあり、権利落ち分以上の下落幅となっている。同社のほか、グローバルリンク<3486>やブロードリーフ<3673>、ペッパーフード<3053>、シンシア<7782>、日本エスコン<8892>など12月期決算銘柄が総じて下落率上位となっている。


<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »