株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サイバーセキュリティー関連株が一斉高、米国でサイバー攻撃が深刻化◇ 12月29日10時19分

 FFRIセキュリティ<3692.T>、ラック<3857.T>、デジタルアーツ<2326.T>、イー・ガーディアン<6050.T>、テリロジー<3356.T>などサイバーセキュリティー関連株が一斉高に買われている。米国では民間企業だけではなく政府機関などが大規模なサイバー攻撃を受け、強い警戒態勢にある。米株市場ではサイバー攻撃への対応でセキュリティー関連株が脚光を浴びており、東京市場でもこの流れが波及する形に。菅政権では行政のデジタル化推進を掲げているが、その際にはサイバー攻撃への対策が必須となるだけに、株式市場でも投資テーマとして意識されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
中国工は一時ストップ高、東証が信用取引に関する臨時措置を解除
太洋物産が一時S安、上場廃止にかかる猶予期間入り銘柄に指定
ナガイレーベは反発、第1四半期営業利益は55%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »