株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・29日>(前引け)=大日本住友、パイプドHD、cotta 12月29日11時33分

 大日本住友製薬<4506.T>=急伸。28日の取引終了後、米連結子会社マイオバント・サイエンシズ・リミテッドが、米ファイザー社とゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)受容体阻害剤「レルゴリクス」について、がん領域および婦人科領域における北米での共同開発及び共同販売に関する契約を締結したことを発表しており、これが材料視されている。同契約に基づき、マイオバント社はファイザー社に対し、北米における成人の進行性前立腺がんを適応症としたレルゴリクス単剤(製品名オルゴビクス)と、子宮筋腫及び子宮内膜症を対象として開発中のレルゴリクス配合剤の開発及び販売を共同で行う権利を許諾したという。また、マイオバント社はファイザー社に対し、がん領域における北米と一部のアジアを除く地域でのレルゴリクスの販売に関する独占的なオプション権も許諾している。これに伴い、マイオバント社はファイザー社から契約一時金6億5000万ドル(約670億円)を受領するのをはじめ総額で最大42億ドル(約4350億円)を受け取る可能性があるとしている。また、ファイザー社ががん領域における北米と一部のアジアを除く地域でのレルゴリクスの販売に関するオプション権を行使した場合、マイオバント社はファイザー社から5000万ドル(約50億円)を受領し、売上収益に対して2ケタ台のロイヤルティーを受け取るとしている。

 パイプドHD<3919.T>=大幅高で3日ぶり反発。28日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、最終利益を7~8億円から9~10億円(前期比30.8~45.3%増)へ上方修正したことが好感されている。米スプリンクラー社株式の売却に伴い、投資有価証券売却益2億9300万円を計上することが要因としている。なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、売上高45億6900万円(前年同期比1.4%増)、営業利益8億2100万円(同9.6%減)、最終利益7億6800万円(同31.1%増)だった。

 cotta<3359.T>=もみ合い上放れ。同社は菓子や総菜の包装資材を供給するほか、食材の小ロット通販などを手掛けている。コロナ禍にあっても通販サイトが好調で収益を押し上げている。28日取引終了後に発表した20年12月の売上高はクリスマス商戦が好調に推移したことを背景に過去最高となる見込みであると発表、これを材料視する買いを呼び込んだ。なお、詳細の数値に関しては来年1月13日に開示予定としている。株価は11月末以降、調整を強いられていたが最近は800円を割り込んだ水準でもみ合いを続け、売り物がこなれていた。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大日本住友が急伸、米子会社がファイザーとレルゴリクスに関する開発及び販売で提携
パイプドHDが3日ぶり反発、投資有価証券売却益計上で21年2月期最終利益予想を上方修正
cottaがカイ気配スタートで上放れ鮮明、12月の売上高が過去最高に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »