株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経Dインバが初の500円台割れ、買い残積み上がり上昇相場加速で投げ誘発 12月29日13時51分

 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信<1357.T>が大幅安で5日続落と下値模索の動きを強め、初めて500円台を割り込み上場来安値を更新した。全体相場は、前日の米株高を受け日経平均がフシ目の2万7000円ラインを突破し、更に買いの勢いが強まっている。そのなか、同銘柄は日経平均株価に対し逆方向に連動するETFで価格変動率がマイナス2倍に基本設定されているため、株価は下げが加速する格好となった。全体相場を高値警戒ゾーンとみている個人投資家の信用買いが高水準に積み上がっているが、結果的に投げを余儀なくされている。直近データでは信用買い残がなお1億口を超えており、信用倍率は47.2倍と大幅に買い長の状況にある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ひらまつが急落、第2四半期報告書の提出遅延に伴い東証が監理銘柄(確認中)に指定
ラクオリアが大幅反発、20年12月期業績予想を下方修正も中計目標数値を上方修正
<個人投資家の予想> 12月29日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »