株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 Abalance、gooddaysホールディングス、クリングルファーマなど 12月30日07時32分

銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
ショーケース<3909> 1031 -66
多要素認証義務付け方針との報道を材料視で前日急伸の反動。

日本エスコン<8892> 818 -37
高利回り銘柄として配当権利落ちの影響強まる。

鉄人化計画<2404> 288 +80
前日にかけての急落で突っ込み警戒感から買い戻し優勢。

グローバルダイニング<7625> 244 +50
引き続き売り方の買い戻しが優勢の展開に。

Abalance<3856> 3535 +480
再生エネルギー関連として関心が続く。

梅の花<7604> 726 +100
突っ込み警戒感強まり実質新年度入りでリバウンドへ。

北日本紡績<3409> 219 +17
個人投資家の損出し売りにも一巡感か。

中国工業<5974> 936 +56
増担保措置解除で短期資金の関心が向かう。

日本和装<2499> 219 -29
最後となる株主優待権利落ちで処分売り。

cotta<3359> 802 +21
12月売上高が過去最高の見込み、クリスマス商戦好調。

gooddaysホールディングス<4437> 1114 +150
コクヨとの資本業務提携締結について発表。

ラクオリア創薬<4579> 999 +46
修正後の中期経営計画を好感。

太洋物産<9941> 308 -65
東証が上場廃止に係る猶予期間入り銘柄に指定。

ドラフト<5070> 1183 +127
4-9月期の投資CFや研究開発費の調査で2位にランクイン。

サンアスタリスク<4053> 2329 +64
貸借銘柄選定で取引活発化に期待。

GFA<8783> 122 +12
低位株などにも物色散見。

テラ<2191> 226 -18
連日の売りで急落。

HANATOUR<6561> 567 +77
短期資金の関心向かう。

クリングルファーマ<4884> 1380 +177
直近IPO、28日水準で寄り付くも一時1502円まで上昇。




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »