株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は続伸、直近IPO物色の流れ強まる、値上がり率トップはスタメン 12月30日16時53分

 本日のマザーズ指数は、米国市場が反落したことや寄り付き前のマザーズ先物がマイナスで取引を開始した流れから反落でスタートした。寄り付き後は、売買代金上位に直近IPO銘柄が目立つ閑散とした相場となった。時価総額上位の、BASE<4477>やJTOWER<4485>、などが下落し相場の重しとなったが、AIinside<4488>が徐々に上げ幅を拡大したことが、相場を押し上げしマザーズ指数はプラスに転じた。なお、大引け直前にメドレー<4480>が下げ幅を拡大したことで、マザーズ指数は若干上げ幅を縮小し取引を終了した。全体としては、時価総額上位銘柄を売り、直近IPO銘柄を物色する流れが出たことが相場の上値を抑えたようである。マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で2123.12億円。騰落数は、値上がり214銘柄、値下がり117銘柄、変わらず13銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄物色の流れからスタメン<4019>が20%を超える上昇となった。また、マイクロニードルのアプリケータに関して中国において特許査定と発表したメドレック<4586>は7%を超える上昇となった。そのほか、ENECHANGE<4169>、ココペリ<4167>、ウェルスナビ<7342>が高い。一方、昨日に大幅上昇した利食い売りに押されGDH<4437>が8%以上の下落となった。また、同じく昨日上昇の利食い売りに押されたメドレーが5%を超える下落となった。そのほか、フルッタフルッタ<2586>、リグア<7090>、トランスジェニック<2342>が安い。


<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »