株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

新興市場銘柄ダイジェスト:Chatworkは大幅に3日続伸、出前館が大幅に続伸  1月04日17時09分

<4448> Chatwork 1396 +118
大幅に3日続伸。複数メディアが「菅義偉首相は4日、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象に、緊急事態宣言を週内にも発出する方向で調整に入った」などと報じ、関連銘柄として物色されている。同社はメールや電話、会議を代替するツールを手掛けており、宣言発出でテレワークが加速するとの観測から買われているようだ。会社のメールをスマートフォンなどで送受信できるリモートメールのfonfun<2323>も5日ぶりに反発している。

<1447> ITbookHD 516 +4
3日続伸。グループのZOX(東京都港区)がECモール事業「ZOXモール」を開始したと後場に発表し、買い手掛かりとなっている。総合ECモールとしては初めて動画やブログなどを活用したメディアコマースを展開するほか、商材を保有しない企業も出店者を集い登録できる「モールインモール」機能を設ける。また、カートサービスのモール化やリアルモールとの連携など異なるサービス形態とのハイブリッド展開ができるという。

<2484> 出前館 3365 +225
大幅に続伸。複数のメディアが「政府が新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、緊急事態宣言を再発令する方向で検討に入った」と報じ、買い材料視されている。報道によると、「対象地域は、再発令を要請していた東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を中心に検討する」という。再発令されれば、外出自粛に伴い出前館が手掛けるデリバリー総合サイトの利用が広がるとの見方から買いが集まっているようだ。

<9467> アルファポリス 3835 +280
大幅に3日続伸。いちよし証券が昨年12月29日付でレーティング「A」、フェアバリュー「4300円」で新規にカバレッジを開始し、引き続き買い材料視されている。同証券は「書籍流通の電子シフトのなか、独自のコンテンツ発掘や開発の手法が軌道に乗りつつある」と指摘。その上で、21年3月期の営業利益予想を18.00億円から20.00億円(会社予想は17.00億円)に、22年3月期予想を22.00億円から24.00億円にそれぞれ引き上げている。

<6635> 大日光 798 -53
大幅に続落。東証が4日から信用取引に関する規制措置を強化し、売り材料視されている。新規の売付及び買付に係る委託保証金率が50%以上(うち現金20%以上)となった。日証金も増担保金徴収措置の貸借担保金率を50%(うち現金20%以上)としている。大日光・エンジニアリング株は昨年12月25日に昨年来高値(1035円)を付けるなど短期間に急騰しており、高値警戒感も売りにつながっているようだ。

<7162> アストマックス 357 0
朝高後、値を消す。子会社のアストマックス・トレーディング(東京都品川区)がスタートアップ企業のLive Smart(東京都港区)の第三者割当増資で新株を引き受けるとともに、業務提携契約を締結すると発表している。株式取得価額は約1億円。Live SmartはAI・IoTを活用した生活空間でのサービスプラットフォーム事業を展開している。両社はスマートホーム分野の推進やマーケティングなどで協力する。

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »