株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ヘリオスが続落、HLCM051の治験患者組み入れペースの低下を発表  1月04日09時29分

 ヘリオス<4593.T>が続落している。この日の寄り前、日本国内で進めている体性幹細胞再生医療製品「HLCM051」を用いた脳梗塞急性期及び急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象とした治験について、治験対象となる患者の組み入れペースが予想より低下していると発表しており、これが嫌気されている。

 新型コロナウイルス感染症の第3波による急速な感染再拡大の影響を受けて、治験実施病院では医療資源が新型コロナウイルス感染症治療に配分されていることが要因。きょう時点で両治験の患者組み入れは完了しておらず、20年12月期中の完了を目指していたが、患者組み入れの進捗は9割超にとどまっているという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
大日光が急落、東証による信用規制を嫌気
Jストリーム上値追い、昨年のマザーズ上昇率トップの余勢を駆って
日電産は1万3000円台での活躍期待、米テスラの躍進で追い風強力


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »