株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本セキュリティトークン協会にソフトバンクが入会【フィスコ・ビットコインニュース】  1月05日09時34分

セキュリティトークンを用いたエコシステムの構築を推進する一般社団法人日本セキュリティトークン協会(JSTA)は4日、ソフトバンク<9434>が賛助会員として入会したと発表した。

フォビジャパンは、関東財務局に登録済みの暗号資産(仮想通貨)交換業者兼みなし金融商品取引業者。同社の入会により、JSTAの企業会員コミュニティは、正会員10社・賛助会員30社となったと報告している。

今後について、JSTAは「引き続きコミュニティの拡充に努めるとともに、日本国内外におけるセキュリティトークンを用いたビジネス創出に貢献していく」とコメントしている。

セキュリティトークンとは、株式や債券など実社会における資産をブロックチェーン上でトークンとして管理するもののことを指す。近年、セキュリティ・トークン・オファリング(STO)によって資金を調達する企業が生まれ始めており、国内のいくつかの暗号資産取引所もこれに対応することを視野に入れて証券業へ参入する準備を整えるなどの動きを見せている。

日本セキュリティトークン協会は2019年5月27日付で発足した非営利団体である。セキュリティトークンの技術、制度、ビジネスに関して、調査、研究、普及・啓発活動等を行うことで、セキュリティトークンを用いたエコシステムを構築し、日本経済の健全な発展に貢献することを目的に活動しているという。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »