株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「5G」が9位にランク、総務省が基地局の整備目標を引き上げ<注目テーマ>  1月07日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 再生可能エネルギー
2 全固体電池
3 デジタルトランスフォーメーション
4 水素
5 電気自動車関連
6 2020年のIPO
7 新型コロナワクチン
8 洋上風力発電
9 5G
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「5G」が9位となっている。

 総務省は昨年12月25日に、第5世代移動通信システム(5G)の基地局を2023年度末までに全国で28万局(当初の開設計画比4倍)以上を整備することなどを掲げた「ICTインフラ地域展開マスタープラン3.0」を公表した。昨年7月に策定したマスタープラン2.0では同年度末までの目標を21万局としていたが、携帯電話各社が今後10年間で5G基地局整備などにそれぞれ2兆円程度の投資を行う計画が示されたため目標を見直したとしている。

 このほかマスタープラン3.0には、5G用周波数として1.7ギガヘルツ帯(東名阪以外)の追加や5G基地局整備などにおけるインフラシェアリングの推進、ブロードバンドのユニバーサル化などの検討、光ファイバー未整備世帯数を21年度末までに約17万世帯(18年度末は約66万世帯)に減少、光ファイバーと携帯電話ともに利用できない地域の早期解消も盛り込まれた。

 5Gの全国展開を大幅に前倒しするとしていることから、コムシスホールディングス<1721.T>や協和エクシオ<1951.T>といった電気通信工事大手のほか、通信基地局のシェアリングなどを手掛けるJTOWER<4485.T>、5G基地局向け計測器を提供するアンリツ<6754.T>、5G基地局向けテスト装置を扱うアルチザネットワークス<6778.T>、5G対応アナログ光伝送装置などを手掛ける多摩川ホールディングス<6838.T>などのビジネス機会が広がりそうだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
午前:債券サマリー:先物は続落、長期金利0.030%に上昇
東京株式(前引け)=急反発、米上院決選投票通過でリスクオン加速
<個人投資家の予想> 01月07日 11時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »