株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

三菱UFJなどメガバンクの上値追い続く、米10年債利回り急上昇受け大口買い流入◇  1月12日10時35分

 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が4日続伸、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>とみずほフィナンシャルグループ<8411.T>は5日続伸とメガバンクの上値追い基調が鮮明だ。今月20日から発足するバイデン新政権下では大型の財政出動を伴う景気刺激策への期待が大きく、これが米国債の売りに拍車をかけている。米10年債利回りはここ急速に水準を切り上げており、前日終値ベースで1.143%まで上昇、ゴールドマン・サックスをはじめ大手金融株の株高を助長している。東京市場でもこの流れを引き継ぐ形に。メガバンク各社は配当利回りが高いこともあって、国内外の機関投資家とみられる大口の買いが流入している。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 01月12日 10時
フジが新値追い、計画上回る販管費削減で21年2月期営業利益予想を上方修正
外為サマリー:1ドル104円20銭台で推移、時間外での米金利上昇が支援材料


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »