株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

イオンFSが6日続伸、21年2月期業績予想を上方修正  1月14日09時18分

 イオンフィナンシャルサービス<8570.T>が6日続伸している。13日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、売上高を4600億円から4700億円へ、営業利益を100億~200億円から270億~330億円へ、最終利益を50億~100億円から110億~140億円へ上方修正したことが好感されている。

 第2四半期以降にショッピング取扱高や個品割賦の取扱高が改善したほか、住宅ローンをはじめとする債権残高にも回復の兆しがみられることが要因。また、企業や個人に対する給付金の支給などで雇用環境や所得水準の悪化ペースが緩和しつつあり、信用リスクが低減したことで下期以降の貸倒関連費用の追加的な発生が抑制できていることも寄与する。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(3~11月)決算は、前期が決算期変更に伴う変則決算だったため前年同期比較はないものの、売上高3615億5700万円、営業利益248億5200万円、最終利益100億5300万円だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
イオンFSが21年2月期業績予想を上方修正
SFOODSが新値追い、21年2月期業績予想を一転増益予想へ上方修正
オービックが続伸、4~12月期営業利益1割増で期末配当増額の公算大と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »