株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日電波が大幅続伸で700円台回復、5Gスマホ生産拡大で商機捉える  1月14日10時47分

 日本電波工業<6779.T>が大幅続伸、一時50円高の712円と値を飛ばし、昨年12月17日以来となる700円台回復を果たした。水晶振動子や水晶機器など水晶デバイスの専業メーカーで小型製品の競争力は世界屈指。海外売り上げが全体の8割を占めている。世界的に高速通信規格5Gの商用サービスが拡大するなか、5G対応スマートフォンの生産拡大が続いている。同社は車載向けが中心ながら、5G分野でも強みを持っており、安定性が高く耐環境性能でも優位性のある水晶発振器を手掛け需要の取り込みが期待されている。業績も21年3月期は営業損益段階で30億円の黒字(前期は82億86000万円の赤字)と回復トレンドにある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
科研薬は小反発、新規多重特異性抗体医薬に関するライセンス及び共同開発契約を締結
京三が反落、本社工場で火災発生
イワキが昨年来高値更新、21年11月期は28%営業増益で2円増配を見込む


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »