株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

キャリアリンク---3Qは2ケタ増収・大幅な増益、主力の事務系人材サービス事業が好調に推移  1月15日19時01分

キャリアリンク<6070>は14日、2021年2月期第3四半期(20年3月-11月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比39.9%増の220.54億円、営業利益が同296.5%増の22.61億円、経常利益が同304.0%増の23.03億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同287.4%増の15.99億円となった。

事務系人材サービス事業の売上高は前年同期比61.2%増の185.33億円、営業利益は同339.6%増の21.66億円となった。BPO関連事業部門は、前期4月から当期3月迄の完成請負案件の売上高が当期3月で売上高計上になったこと並びにBPO事業者及び官公庁から新規大型BPO案件が予想以上に受注できたことなどから好調に推移した。一方、CRM関連事業部門は、新型コロナウイルス感染症拡大に伴い受注量減少の影響を受けたが、2020年5月の緊急事態宣言解除後は、緩やかながらも受注量が回復した。また、一般事務事業部門でも官公庁及び金融機関以外の民間企業向けの派遣案件で新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けたものの、同緊急事態宣言解除後は新規案件が予想以上に受注できた。

製造系人材サービス事業の売上高は前年同期比3.4%減の23.49億円、営業利益は同105.0%増の0.41億円となった。2020年5月の緊急事態宣言解除後も製造加工部門を中心に新型コロナウイルス感染症の影響による受注量減少や派遣スタッフの出勤調整などから、当事業の売上高は前年同期比で一時減少幅が拡大したが、第3四半期に入り、食品加工、製造加工両部門において受注量の回復に努めた。

営業系人材サービス事業の売上高は前年同期比41.0%減の9.62億円、営業利益は同37.0%減の0.35億円となった。新型コロナウイルスの感染症拡大に伴う2020年4月の緊急事態宣言を踏まえ、小売業、飲食業等への訪問営業活動を自粛し、また、その緊急事態宣言解除後も新型コロナウイルス感染症の影響により営業活動の回復が十分に図れなかった。

その他事業の売上高は前年同期比0.2%増の2.09億円、営業利益は同0.16億円増の0.18億円となった。当事業は、ジャパン・ビジネス・サービスの子会社である東京自動車管理における「自動車管理事業」である。

2021年2月期通期については、売上高が前期比40.5%増の296.60億円、営業利益が同228.6%増の22.75億円、経常利益が同237.6%増の23.30億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同207.6%増の16.20億円とする、1月12日に公表した業績予想を据え置いている。





<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »