株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は6日ぶり反落、材料出尽くし感や過熱警戒で利益確定売り  1月15日15時53分

日経平均は6日ぶり反落。14日の米国市場でNYダウは続落し、68ドル安となった。バイデン次期米大統領による追加経済対策の発表を控え、引けにかけて売りが出た。一方、1.9兆ドル(約200兆円)規模の米経済対策が発表されたことを受け、本日の日経平均は79円高からスタート。ただ、短期的な材料出尽くし感が意識されたうえ、前日までの急ピッチの株高に対する警戒感もあり、寄り付き後は利益確定の売りが出て弱含みとなった。後場には28477.03円(前日比221.23円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前日比179.08円安の28519.18円となった。東証1部の売買高は12億
4926万株、売買代金は2兆8376億円だった。業種別では、輸送用機器、繊維製品、電気・ガス業が下落率上位だった。一方、鉱業やゴム製品など4業種が上昇した。東証1部の値下がり銘柄は全体の75%、対して値上がり銘柄は22%となった。

個別では、ファーストリテ<9983>が3%近い下落となり、1銘柄で日経平均を約96円押し下げた。第1四半期決算は市場予想を上回る内容だったが、高値圏で利益確定売りが出た。その他売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>が小安く、トヨタ自<7203>やソニー<6758>は軟調。日本電産<6594>が3%超下落し、レノバ<9519>も売りがかさんだ。また、フィルカンパニー<3267>などが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、東エレク<8035>やレーザーテック<6920>、アドバンテス<6857>といった半導体関連株の堅調ぶりが目立った。台湾積体電路製造(TSMC)の好決算や設備投資計画が買い材料視された。前期業績を上方修正したキヤノン<7751>は8%超の上昇。また、USENNEX<9418>が買い気配のままストップ高比例配分となり、タマホーム<
1419>やベクトル<6058>も東証1部上昇率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »