株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ラクスが3日ぶり反発、「楽楽販売」がOBCの「商奉行クラウド」とのシステム連携を開始◇  1月18日12時52分

 ラクス<3923.T>が3日ぶりに反発している。この日午前中、同社のクラウド型販売管理システム「楽楽販売」が、オービックビジネスコンサルタント<4733.T>の販売管理システム「商奉行クラウド」とシステム連携を開始したと発表しており、これが好材料視されている。

 「楽楽販売」は販売管理、顧客管理、案件管理をはじめとして、あらゆる社内業務をシステム化することができるクラウド型業務システム構築ツール。今回のシステム連携により、「楽楽販売」の受注確定データを「商奉行クラウド」へ連携し、売上管理・請求管理・入金消込・会計連携までを一気通貫で行うことが可能となったとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にリンクユー
マルマエがしっかり、12月受注残は19%増
サンウッドが後場カイ気配スタート、新築マンション販売好調で21年3月期業績予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »