株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フェニクスBがカイ気配スタート、化学品の安全性評価で残留農薬研究所と業務提携  1月19日09時06分

 フェニックスバイオ<6190.T>がカイ気配スタートとなっている。18日の取引終了後、農薬など化学品の安全性評価で残留農薬研究所(茨城県常総市)と業務提携したと発表しており、これが好感されている。

 残留農薬研究所は、農薬に特化した安全性評価の受託試験施設。今回の提携は、農薬などの化学品の安全性評価に関するフェニクスB製品の受託試験業務を同研究所に委託するとともに、この分野でのPXBマウス(ヒト肝細胞を持つキメラマウス)の更なる市場拡大を目指すことを目的としたもの。なお、同件が21年3月期業績に与える影響は軽微としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
ツインバード、天昇電など物色人気、ワクチン関連株に投資マネー集結◇
東京株式(寄り付き)=反発、手掛かり材料難も値ごろ感から押し目買い優勢
19日=シンガポール・日経平均先物寄り付き2万8355円(+170円)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »