株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ラクスは反落、12月全社売上高32%増も利益確定売り  1月19日13時12分

 ラクス<3923.T>は反落している。18日の取引終了後に発表した12月度の月次売上高で、全社売上高は前年同月比31.5%増の13億5600万円となり、これを受けて朝方は高く始まったが、買い一巡後は利益確定売りが優勢となっている。企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)推進などを背景に、クラウド経費精算システム「楽楽精算」が同41.4%増と大幅増収となったことが牽引役となった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
テラプローブが5日線足場に上げ足加速、米中摩擦で台湾半導体企業への追い風強力
日本通信は後場プラス転換、「my電子証明書」について電子署名法に基づく認定を申請
ユーグレナが反発、JR四国バスがユーグレナバイオディーゼル燃料の使用を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »