株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オプテクスGは3日ぶり反発、シェアリングサービス「OMNICITY」の運用開始へ  1月19日14時55分

 オプテックスグループ<6914.T>が3日ぶりに反発している。傘下のオプテックスはきょう、ビーコン(無線技術を利用した伝達技術)機能を搭載した自動ドアセンサーを活用したシェアリングサービス「OMNICITY(オムニシティ)」の運用を2月から開始すると発表しており、これが買い手掛かりとなっているようだ。

 これにより、通行者のスマートフォンに情報発信することができる自動ドアセンサーを設置した施設や店舗のエントランスが新しいメディアとなり、自動ドアのオーナーはデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用したマーケティングやプロモーション施策を手軽に実現することが可能。また、設置したメディアをサービサーにシェアし、新たなビジネス機会を生み出すことができるという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」4位にダイニチ工業
<個人投資家の予想> 01月19日 14時
Jフロントが反発、21年2月末株主から株主優待制度一部を変更


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »