株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日総工産が21年3月期業績及び配当予想を上方修正  1月19日15時32分

 日総工産<6569.T>がこの日の取引終了後、21年3月期の連結業績予想について、売上高を670億円から680億円(前期比9.3%減)へ、営業利益を18億円から24億円(同21.6%減)へ、純利益を13億円から17億円(同16.4%減)へ上方修正した。

 主力の製造系人材サービスで、顧客メーカーにおける生産活動再開のもと、製造スタッフの稼働が上昇し、1人当たり売上高が改善するなどの回復基調が従来予想より鮮明となったことが要因。また、自動車関連や電子デバイス関連の一部顧客メーカーが増産・増員に転じ、外部人材活用ニーズの回復が予想より早まり、在籍の増加及び1人当たり売上高の増加が見えつつあることも寄与するとしている。

 また、業績予想の修正に伴い、従来11円53銭を予定していた期末一括配当を15円10銭にするとあわせて発表した。前期実績に対しては9円90銭の減配になる予定だ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 01月19日 15時
Jエレベータが同業の東京エレベーターを子会社化
カイオムががん治療用候補抗体CBA-1535に関する米国特許査定を取得


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »