株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<注目銘柄>=CKD、リチウム電池製造装置にEV特需  1月19日10時03分

 CKD<6407.T>の2400円近辺でのもみ合いに着目したい。同社は半導体薬液制御装置や薬品包装機械など、流体制御機器や空気圧機器で高い商品シェアを誇る。

 21年3月期業績は営業利益段階で前期比6%減の49億円を計画しているが、中間期(20年4~9月期)時点の営業利益は前年同期比2.1倍の24億500万円と大幅な伸びを達成しており、下期の世界的な半導体投資需要の盛り上がりを考慮して通期見通しは52~54億円前後に上振れる余地がある。更に22年3月期については70~80億円程度まで拡大する可能性がある。

 同社はリチウムイオン電池製造システムにも展開しており、足もとで売り上げの伸びが顕著となっている。世界的に電気自動車(EV)シフトが進むなか、来期は一段と追い風が強まる公算が大きい。半導体、EV向けいずれも収益環境は良好で、株価も更に上値を指向する展開が有望視される。(桂)

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
トランスGがS高カイ気配、21年3月期業績予想を上方修正
タケエイが新高値、バイオマス発電注力で脱炭素をテーマに存在感高める
アクセスHDが急反発、イベントライブ配信支援サービスの提供を開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »