株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~ソフトバンクGなど全般堅調、シカゴは大阪比45円高の28715円  1月20日07時57分

ADR(米国預託証券)の日本株は、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、三井住友<8316>、富士通<6702>、コマツ<6301>、資生堂<4911>、エーザイ<4523>、TDK<6762>、日東電<6988>など、対東証比較(1ドル103.89円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円高の28715円。

米国株式相場は反発。ダウ平均は116.26ドル高の30930.52ドル、ナスダックは198.68ポイント高の13197.18ポイントで取引を終了した。次期財務長官に指名されたイエレン前連邦準備制度理事会(FRB)議長は上院指名承認公聴会において、大規模な追加経済対策の必要性を訴えたほか、増税の実施をパンデミック終息後まで先送りする計画を明らかにしたことで安心感が広がり寄り付き後上昇した。ワクチンの普及ペース加速期待も手伝い、終日堅調に推移した。

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、104円05銭まで上昇後、103円84銭まで下落し、103円90銭で引けた。イエレン次期財務長官候補は上院指名承認公聴会で、大規模な追加経済対策の必要性や50年債発行を検討するとの見解を示したため、ドル買いが一時優勢となったが、低金利政策は長期間維持されるとの見解を示したことから、ドル買いはやや後退した。ユーロ・ドルは1.2145ドルまで上昇後、1.2116ドルまで下落し、1.2129ドルで引けた。イタリア下院はコンテ内閣を信任し政局不安は緩和されたが、メルケル独首相が関係者と2月14日までの都市封鎖延長で合意との報道でユーロ買いは一服。

NY原油先物2月限は反発(NYMEX原油2月限終値:52.98 ↑0.62)。

■ADR上昇率上位銘柄(19日)
<5631> 日製鋼 15.46ドル 3212円 (82円) +2.62%
<1801> 大成建 8.78ドル 3649円 (89円) +2.5%
<8309> 三井トラスト 3.21ドル 3335円 (79円) +2.43%
<1812> 鹿島 14.11ドル 1466円 (32円) +2.23%
<7012> 川重 9.75ドル 2532円 (44円) +1.77%


■ADR下落率上位銘柄(19日)
<5801> 古河電 13.45ドル 2795円 (-62円) -2.17%
<6753> シャープ 4.61ドル 1914円 (-14円) -0.73%
<8303> 新生銀 2.62ドル 1361円 (-10円) -0.73%
<7202> いすゞ 9.24ドル 960円 (-7円) -0.72%
<8411> みずほFG 2.74ドル 1423円 (-9.5円) -0.66%


■その他ADR銘柄(19日)
<1801> 大成建 8.78ドル 3649円 (89円)
<1925> 大和ハウス 29.79ドル 3095円 (33円)
<1928> 積水ハウス 19.86ドル 2063円 (12.5円)
<2503> キリン 22.23ドル 2309円 (4円)
<2802> 味の素 24.36ドル 2531円 (25円)
<3402> 東レ 12.89ドル 670円 (1.5円)
<3407> 旭化成 21.59ドル 1121円 (10円)
<4523> エーザイ 74.16ドル 7704円 (39円)
<4901> 富士フイルム 59.4ドル 6171円 (0円)
<4911> 資生堂 65.7ドル 6826円 (46円)
<5108> ブリヂストン 19.48ドル 4048円 (-5円)
<5201> AGC 7.38ドル 3834円 (54円)
<6301> コマツ 29.24ドル 3038円 (29円)
<6503> 三菱電 31.49ドル 1636円 (0.5円)
<6586> マキタ 46.78ドル 4860円 (0円)
<6645> オムロン 95.15ドル 9885円 (105円)
<6702> 富士通 30.86ドル 16030円 (115円)
<6723> ルネサス 6.12ドル 1273円 (-4円)
<6753> シャープ 4.61ドル 1914円 (-14円)
<6758> ソニー 102.23ドル 10621円 (16円)
<6762> TDK 169.75ドル 17635円 (165円)
<6902> デンソー 28.78ドル 5980円 (30円)
<6954> ファナック 26.17ドル 27188円 (58円)
<6988> 日東電 45.36ドル 9425円 (25円)
<7201> 日産自 10.51ドル 546円 (1.7円)
<7202> いすゞ 9.24ドル 960円 (-7円)
<7203> トヨタ 148.13ドル 7695円 (-13円)
<7267> ホンダ 27.48ドル 2855円 (21.5円)
<7270> SUBARU 9.76ドル 2028円 (5円)
<7733> オリンパス 19.63ドル 2039円 (24円)
<7741> HOYA 132.87ドル 13804円 (129円)
<7751> キヤノン 21.05ドル 2187円 (4円)
<7974> 任天堂 79.45ドル 66032円 (172円)
<8001> 伊藤忠 59.79ドル 3106円 (14円)
<8002> 丸紅 70.19ドル 729円 (1.6円)
<8031> 三井物 384.71ドル 1998円 (14円)
<8053> 住友商 13.55ドル 1408円 (6円)
<8306> 三菱UFJ 4.78ドル 497円 (2.4円)
<8309> 三井トラスト 3.21ドル 3335円 (79円)
<8316> 三井住友 6.66ドル 3460円 (18円)
<8411> みずほFG 2.74ドル 1423円 (-9.5円)
<8591> オリックス 86.27ドル 1793円 (3円)
<8604> 野村HD 5.6ドル 582円 (4.2円)
<8766> 東京海上HD 53.76ドル 5586円 (-8円)
<8802> 菱地所 15.91ドル 1653円 (2円)
<9202> ANA 4.5ドル 2338円 (28円)
<9432> NTT 26.14ドル 2716円 (-4円)
<9735> セコム 23.16ドル 9622円 (-4円)
<9983> ファーストリテイ 89.95ドル 93449円 (479円)
<9984> ソフトバンクG 42.29ドル 8787円 (29円)

<ST>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »