株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反落、ファーストリテが1銘柄で約65円分押し下げ  1月20日13時01分

20日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり97銘柄、値下がり121銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は反落。129.08円安の28504.38円(出来高概算5億9873万株)で前場の取引を終えている。

前日19日の米国株式相場は反発。ダウ平均は116.26ドル高の30930.52ドル、ナスダックは198.68ポイント高の13197.18ポイントで取引を終了した。次期財務長官に指名されたイエレン氏が議会公聴会で、大規模な追加経済対策の必要性や、増税をパンデミック終息後まで先送りする計画を明らかにしたことで安心感が広がり寄り付き後上昇した。ワクチンの普及ペース加速期待も手伝い、終日堅調に推移した。

米国株高を受けた今日の東京株式市場は買いが先行した。引き続き金融財政政策による株価下支え効果やワクチン普及による経済活動本格再開への期待感が株価支援要因となった。一方、新型コロナ感染拡大や、米大統領就任式を控え米国社会の混乱などが警戒され、また、イエレン氏の発言内容は昨日の東京市場で株価には概ね織り込み済みとの見方もあり、寄り後は利益確定売りに押され、日経平均は下げに転じた。

個別では、20年11月期営業利益が0.18億円で21年11月期は0.40億円予想と発表したアサヒ衛陶<5341>、目標である「EV向け売上高1000億円」への道は険しいと報じられた明電舎<6508>、21年度の事業計画で運航規模が15%減少すると発表したANA<9202>、従業員による水増し発注が判明したと発表した大豊建設<1822>が下げた。

一方、洗って繰り返し使える感染予防用隔離ガウンを開発し3月より販売すると発表したヤギ<7460>がストップ高まで買われ、21年3月期業績予想を上方修正した日総工産<6569>、英豪資源大手リオがニュージーランドでのアルミ事業を続けるとの発表を手掛かりに同事業に出資する住友化<4005>、EV向けフィルムコンデンサーの生産能力を倍増させると報じられたニチコン<6996>、人材サービス会社の子会社化を発表したアウトソーシング<2427>が高く、また、昨日の米国市場で半導体関連株が上昇したことも手掛かりとなった東エレク<8035>、アドバンテスト<6857>など半導体関連株の一角や、原油価格の反発を受けた国際帝石<1605>、石油資源<1662>などのエネルギー株も堅調だった。

セクターでは、海運業、空運業、証券商品先物、銀行業、陸運業などが値下がり率上位。一方、鉱業、繊維製品、石油石炭製品、ガラス土石製品、ゴム製品などが値上がり率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の51%、対して値上がり銘柄は42%となっている。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>となり1銘柄で日経平均を約65円押し下げた。同2位はソフトバンクG<9984>となり、中外製薬<4519>、ダイキン工業<6367>、第一三共<4568>などがつづいた。

一方、値上がり寄与トップは東京エレクトロン<8035>となり1銘柄で日経平均を約17円押し上げた。同2位はファナック<6954>となり、太陽誘電<6976>、アドバンテスト<6857>、ヤマハ<7951>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  28504.38(-129.08)

値上がり銘柄数  97(寄与度+100.73)
値下がり銘柄数 121(寄与度-229.81)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<8035> 東エレク        44590          460 +16.57
<6954> ファナック       27450          320 +11.52
<6976> 太陽誘電         6090          220 +7.92
<6857> アドバンテ       9210           70 +5.04
<7951> ヤマハ          6080          120 +4.32
<9613> NTTデータ        1495           23 +4.14
<7267> ホンダ         2877.5           44 +3.17
<6753> シャープ         2007           79 +2.84
<6479> ミネベアミツミ     2208           77 +2.77
<6098> リクルートHD      4562           25 +2.70
<2413> エムスリー       10170           30 +2.59
<4503> アステラス薬     1671.5           11 +1.98
<7751> キヤノン       2219.5         36.5 +1.97
<6762> TDK           17520           50 +1.80
<9766> コナミHD         6780           50 +1.80
<4021> 日産化学         5950           40 +1.44
<8015> 豊通商          4360           40 +1.44
<7272> ヤマハ発         2132           37 +1.33
<6952> カシオ          1790           36 +1.30
<4005> 住友化           458           33 +1.19

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    91170         -1800 -64.82
<9984> ソフトバンクG     8678          -80 -17.29
<4519> 中外薬          5603         -159 -17.18
<6367> ダイキン        22825         -460 -16.57
<4568> 第一三共         3603         -147 -15.88
<4063> 信越化         19065         -225 -8.10
<9433> KDDI           3183          -31 -6.70
<4543> テルモ          4057          -45 -6.48
<3659> ネクソン         3160          -85 -6.12
<2801> キッコーマン      7470         -120 -4.32
<6645> オムロン         9680         -100 -3.60
<4523> エーザイ         7571          -94 -3.39
<9735> セコム          9534          -92 -3.31
<4911> 資生堂          6691          -89 -3.21
<8697> JPX          2633          -71 -2.56
<4452> 花王           7652          -64 -2.30
<7203> トヨタ          7646          -62 -2.23
<6506> 安川電          5690          -60 -2.16
<4324> 電通G           3035          -55 -1.98
<9008> 京王           8200         -270 -1.94



<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »