株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

青山商---急伸、400店で売り場最大半減との報道をプラス材料視  1月20日13時24分

青山商<8219>は急伸。専門店の6割にあたる400店で売り場面積を最大5割減らすと伝えられている。空きスペースはコンビニなどを誘致する計画のようだ。同社がスーツ事業を抜本的に見直すのは1964年の創業以来初めてとなるもよう。テレワークの浸透などもあって、コロナ後もこれまでのようなスーツ需要は期待しにくいとみられており、人件費の削減や売上減少の一定程度のカバーにつながるとみられる施策をポジティブ視する動きになっている。

<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »