株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証10時 軟調、100円安 利益確定の売り優勢  1月20日10時22分

 20日前場中ごろの東京株式市場で日経平均株価は前日比100円ほど安い2万8500円台前半で軟調な動きとなっている。短期的な過熱感が強く、利益確定を目的とした売りが優勢。一方、米国の大型経済対策による景気回復期待が相場の支えになっている。

 10時現在の東証1部の売買代金は概算で7851億円、売買高は3億7390万株だった。

 第一三共や中外薬など医薬品株の一角が安い。川崎汽や商船三井、小田急や東急など、海運株や私鉄株の一部が軟調だ。一方、住友化や三菱ケミHDが高い。太陽誘電やシャープ、東レなどが堅調だ。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »