株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ビットバンク、1月27日にクアンタムの取り扱いを開始【フィスコ・アルトコインニュース】  1月20日13時42分

暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクは20日、暗号資産クアンタム(QTUM)の取り扱いを2021年1月27日より開始すると発表した。

現物取引所の取り扱いペアに、クアンタム(QTUM)/日本円(JPY)、クアンタム(QTUM)/ビットコイン(BTC)を追加するとしている。

同社はこれまでビットコイン(BTC)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、モナコイン(MONA)、ビットコインキャッシュ(BCC)、ステラルーメン(XLM)の7通貨を取り扱っていた。今回のクアンタムの追加により、取り扱い通貨は8通貨となる。

クアンタムは、シンガポールに本社を置くQtum Chain Foundation Ltd.のオープンソースブロックチェーンプロジェクトで開発された暗号資産。ビットバンクは「ビットコインで用いられている安全性の高い残高確認方式(UTXO)を採用しつつ、イーサリアムと互換性のあるスマートコントラクトを実装しているため、ビットコインとイーサリアムの長所を掛け合わせた暗号資産と言われている」と説明している。



<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »