株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は大幅続伸、売買3カ月半ぶり高水準、BASEなど急伸  1月21日16時14分

本日のマザーズ市場では、日経平均以上にマザーズ指数の堅調ぶりが際立った。前日の米国市場では、大統領就任式を無事終えたことなどから主要株価指数が揃って過去最高値を更新。また、動画配信のネットフリックスが決算を受けて急伸するなどハイテク株が特に買われ、東京市場でも新興株の追い風になったとみられる。これまで上値の重い展開を強いられてきたBASE<4477>などはテクニカル面でもリバウンド期待が高まったようだ。なお、マザーズ指数は大幅続伸、終値では3.7%の上昇となった。売買代金は概算で3112.40億円と昨年10月8日以来の高水準。騰落数は、値上がり280銘柄、値下がり50銘柄、変わらず13銘柄となった。
個別では、前述のBASEが売買代金トップで17%を超える上昇。日足チャート上で75日移動平均線を上抜ける格好となり、追随買いが広がったようだ。マクアケ<4479>も25日移動平均線上抜けから上げ幅を広げ、15%超の上昇となった。その他では、メルカリ<4385>やフリー<4478>といった時価総額上位が全般堅調。売買代金上位では直近IPO(新規株式公開)銘柄のバルミューダ<6612>、上場来高値更新のJTOWER<4485>が大幅高となった。また、FFJ<7092>はストップ高水準で取引を終えた。一方、売買代金上位ではNPC<6255>が利益確定売りに押され逆行安。そのNPCや247<7074>が下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »