株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「電気自動車関連」が9位にランク、35年までに新車すべて電動化へ<注目テーマ>  1月21日12時20分

★人気テーマ・ベスト10
1 半導体
2 再生可能エネルギー
3 水素
4 レアアース
5 半導体製造装置
6 全固体電池
7 パワー半導体
8 洋上風力発電
9 電気自動車関連
10 デジタルトランスフォーメーション

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電気自動車関連」が9位となっている。

 菅義偉首相は18日の施政方針演説で、2035年までに新車販売で電動車100%を実現すると明言した。政府が昨年12月下旬に策定した「2050年カーボンニュートラルに伴うグリーン成長戦略」では目標時期を2030年代半ばとしていたが、年限を明確化したことで電気自動車(EV)の普及に弾みがつきそうだ。

 政府は「グリーン成長戦略」で、この10年間はEVの導入を強力に進め、世界をリードする産業サプライチェーンとモビリティー社会を構築することを掲げている。自動車メーカーや関連業界は対応を迫られることになり、日産自動車<7201.T>、トヨタ自動車<7203.T>、ホンダ<7267.T>のほか、車載電池を手掛けるパナソニック<6752.T>やトラクションモーターシステム(E-Axle)を提供する日本電産<6594.T>の動向に注目。

 リチウムイオン電池向け正極材を扱う田中化学研究所<4080.T>や戸田工業<4100.T>、リチウムイオン電池向けセパレーター(絶縁体)を手掛けるニッポン高度紙工業<3891.T>やダブル・スコープ<6619.T>、モーター用巻線機大手の小田原エンジニアリング<6149.T>、EVモーター用高速回転グリース潤滑玉軸受などを提供するジェイテクト<6473.T>、モーターとギアボックスを一体化した製品を手掛けるユニバンス<7254.T>などのビジネス機会も拡大しそうだ。

 また、EV市場が一段と拡大するためには充電インフラの整備が欠かせず、充電器を展開するモリテック スチール<5986.T>、東光高岳<6617.T>、日東工業<6651.T>、新電元工業<6844.T>、ニチコン<6996.T>などにも商機がある。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=反発、伸び悩むも昨年来高値上回る水準
日電産は反発、バイデン新政権スタートで脱炭素・EVシフトの動きに期待
パナソニックが大幅続伸、ワクチン保冷容器を開発と報じられる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »