株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

【投資部門別売買動向】海外勢と個人が買い越す一方、年金マネーは利益確定売りに動く (1月第2週)  1月21日20時00分


●海外勢と個人が買い越す一方、年金マネーは利益確定売りに動く

 東証が21日に発表した1月2週(12日~15日)の投資部門別売買動向(現物)によると、バイデン次期米大統領による大型経済対策への期待からリスクオンが継続し、日経平均株価が前週末比380円高の2万8519円と3週連続で上昇したこの週は、海外投資家が2週連続で買い越した。買越額は2614億円と前週の3647億円から縮小した。海外投資家は先物の投資部門別売買動向では日経225先物、TOPIX先物、ミニ日経225先物、ミニTOPIX先物の合計で2週連続で売り越した。売越額は3832億円と前週の1763億円から拡大した。現物と先物の合算では3週ぶりに売り越し、売越額は1218億円だった。個人投資家は6週ぶりに買い越し、買越額は537億円だった。前週は2821億円の売り越しだった。

 一方、年金基金の売買動向を映すとされる信託銀行は2週ぶりに売り越し、売越額は2169億円だった。日経平均が30年ぶりの高値圏で上値追いが続く中、年金マネーが利益確定売りに動いたもようだ。前週は527億円の買い越しだった。

 日経平均が30年ぶりの高値圏で上値追いが続く中、海外投資家と個人投資家が買い越す一方、信託銀行が利益確定売りに動いた。


 ■投資部門別売買代金差額 (1月12日~15日)
  東証・名証2市場の1・2部と新興企業向け市場の合計[総合証券ベース(全49社)]
  ※単位:億円(億円未満切り捨て) ▲は売り越し

       海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )
1月 ―――
  第2週     2,614  ▲2,169    537 [  ▲770  1,307 ] 28,519円 ( +380 円)
  第1週     3,647    527  ▲2,821 [ ▲3,128   306 ] 28,139円 ( +694 円)
12月 ―――
  第5週     ▲74   ▲94  ▲2,541 [ ▲2,303  ▲238 ] 27,444円 ( +787 円)
  第4週     ▲500    365   ▲196 [  ▲851   655 ] 26,656円 ( -106 円)
  第3週     1,655    61  ▲1,238 [ ▲2,098   860 ] 26,763円 ( +110 円)
  第2週     2,557   1,747   ▲910 [ ▲1,402   492 ] 26,652円 ( -98 円)
  第1週     1,599   1,230   1,351 [  ▲271  1,622 ] 26,751円 ( +106 円)
11月 ―――
  第4週     4,366    600  ▲4,966 [ ▲4,792  ▲174 ] 26,644円 ( +1117 円)
  第3週     3,331  ▲1,506  ▲2,343 [ ▲2,805   461 ] 25,527円 ( +141 円)
  第2週     3,842  ▲1,334  ▲6,882 [ ▲6,800  ▲82 ] 25,385円 ( +1060 円)
  第1週     3,572   ▲104  ▲4,311 [ ▲3,514  ▲796 ] 24,325円 ( +1348 円)
10月 ―――
  第4週    ▲1,060   ▲231    875 [   232   643 ] 22,977円 ( -539 円)
  第3週     ▲26    20    23 [  ▲792   816 ] 23,516円 ( +105 円)
  第2週      696   ▲88   1,555 [   164  1,390 ] 23,410円 ( -209 円)
  第1週     4,170   ▲181  ▲2,576 [ ▲2,821   244 ] 23,619円 ( +589 円)
9月 ―――
  第5週     ▲571   ▲102    393 [  ▲476   869 ] 23,029円 ( -174 円)
  第4週    ▲1,847   ▲29   1,184 [  ▲124  1,309 ] 23,204円 ( -155 円)
  第3週    ▲5,275   1,163   ▲444 [  ▲939   494 ] 23,360円 ( -46 円)
  第2週    ▲4,440   ▲116   ▲531 [  ▲952   420 ] 23,406円 ( +201 円)
  第1週      125    314    501 [  ▲544  1,046 ] 23,205円 ( +322 円)


※「信託銀行」は年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など年金基金の売買動向を映すとされる部門。「個人・現金」は個人投資家による現物取引の売買動向、「個人・信用」は個人投資家による信用取引の売買動向。
※日銀が金融緩和策の一環として実施しているETF(上場投資信託)の買い入れは、ETFを組成する証券会社の自己売買部門を通じて買い入れているとみられる。


株探ニュース

【関連ニュース】
本日の【株主優待】情報 (21日 発表分)
明日の決算発表予定 東京製鉄、カワチ薬品など8社 (1月21日)
本日の【新規公開(IPO)】情報 (21日大引け後 発表分)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »