株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

オリンパスが大幅反発、国内大手証券が目標株価2300円に引き上げ  1月21日12時35分

 オリンパス<7733.T>が大幅反発。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が20日付で同社の投資判断「ニュートラル(中立)」を継続し、目標株価を1720円から2300円に引き上げたことが好材料視されている。

 レポートでは、同社の改革実行力への株式市場からの評価は高く、コンセンサスは中期的な収益性改善や最高益更新を織り込んでいると指摘。株価の更なる上昇には、追加好材料による中期業績期待の上昇が必要と考えている。また、消化器内視鏡の新製品効果や治療機器事業の事業拡大に向けた施策動向、コスト低減の進捗を今後の注目点として挙げている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 01月21日 12時
ラクーンHDが大幅反発、浜銀ファイナンスと業務提携
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅広げる


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »