株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

神栄は大幅反発、空気洗浄度管理に適したパーティクルセンシングモニター販売開始へ  1月21日13時58分

 神栄<3004.T>は3日ぶりに大幅反発している。同社株は今年に入り新型コロナワクチン関連として人気を集め急上昇しているが、この日は午前10時ごろ、製造環境の微小な浮遊異物を捉える測定器であるパーティクルセンシングモニターの新製品を3月に販売開始すると発表しており、これが好感されている。

 新製品「AES-FPM」は、同社が民生家電分野向けで培った空気中の浮遊粒子計測のノウハウを生かし、さまざまな産業分野での浮遊粒子の管理ニーズの高まりに応えるために開発した製品。空気清浄度管理を必要とする製造工程や作業環境での汚染度の見える化に役に立ち、低価格かつ小型で、0.3マイクロメートル以上の粒子制御システムへの組み込みや多点計測を目的に開発したシンプルな操作性が特徴としている。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」2位にヤギ
<個人投資家の予想> 01月21日 13時
JNSが小幅続伸、暑熱対策ウェアラブルデバイスの設計開発・製造を受託


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »