株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

AKIBAがS高カイ気配、ポリマテリアル充填工法がソフトバンクの5G基地局建設に採用◇  1月22日15時00分

 AKIBAホールディングス<6840.T>がストップ高の5190円水準でカイ気配となっている。午後2時ごろ、子会社バディネットとNEXTWAY(東京都中央区)のポリマテリアル充填工法が、ソフトバンク<9434.T>の5G基地局建設に採用されたと発表しており、これが好材料視されている。

 この充填工法は、ありとあらゆる空洞部を有する支柱の強度を高めるポリマテリアルを充填するための技術で、同工法により正確性やスピードが向上し、人身事故などのリスクを下げ安全性を高めるとしている。なお、バディネットとNEXTWAYは共同で同工法の特許を出願していた。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にアルー
<個人投資家の予想> 01月22日 14時
モダリスが5連騰、国内大手証券が投資評価「1」でカバレッジを開始


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »