株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ブレーキが急伸、米メーカーから電動パーキングブレーキキャリパーを受注と報じられる  1月22日12時31分

 曙ブレーキ工業<7238.T>が急伸している。きょう付けの日刊自動車新聞電子版で「米国メーカーから高性能電動車向けの電動パーキングブレーキ(EPB)キャリパーを受注し、2021年度上期(4~9月)に量産を開始する」と報じられたことが好材料視されているようだ。

 記事によると、同製品は2つのピストンで両側から均等に圧力をかける対向型タイプで、EPBの量産は同社としては初となるとしている。スポーツタイプの電気自動車(EV)などでの採用を目指すとしており、経営再建中のなか、成長分野であるEVへの取り組みが報じられたことから、期待感が強まっているようだ。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
「レアメタル」が23位にランク、南鳥島沖の埋蔵コバルトについて採掘商業化の方針と伝わる<注目テーマ>
午前:債券サマリー:先物は反落、長期金利が0.035%に上昇
東京株式(前引け)=前日比109円安、売り一巡後は下げ渋る


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »