株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

建設技研の20年12月期業績は計画上振れで着地  1月22日16時33分

 建設技術研究所<9621.T>がこの日の取引終了後、集計中の20年12月期連結業績について、売上高が650億円から651億円(前の期比3.9%増)へ、営業利益が44億円から50億円(同17.2%増)へ、純利益が29億円から36億円(同28.2%増)へ上振れて着地したようだと発表した。

 防災・減災対策の強化やインフラ老朽化対策にかかわる国土強靭化計画の推進などの良好な受注環境を背景に、受注が増加したことが牽引した。また、業務の効率的な実施による原価率の改善も寄与したという。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
千趣会の20年12月期業績は計画上振れで着地
午後:債券サマリー 先物は反落、金利上昇懸念くすぶる
日鋳造が21年3月期業績及び配当予想を上方修正


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »