株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京製鐵が21年3月期業績予想を下方修正  1月22日17時04分

 東京製鐵<5423.T>が22日の取引終了後、21年3月期の単独業績予想について、営業利益を53億円から30億円(前期比82.7%減)へ、純利益を48億円から30億円(同78.3%減)へ下方修正した。

 第3四半期(10~12月)に国内では製品の在庫調整が進展し同社が連続して実施した値上げが今後段階的に売り上げに反映されていくことから、売上高は1340億円から1400億円(同22.2%減)へ上方修正した。ただ、主原料の鉄スクラップは粗鋼生産の回復を背景に、製品出荷単価の上昇に先行して購入価格の引き上げを余儀なくされたことから、購入単価の高値水準が続き利益幅が縮小する見通しという。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(20年4~12月)業績は、売上高1013億8800万円(前年同期比27.6%減)、営業利益41億1100万円(同71.3%減)、純利益42億1600万円(同68.5%減)だった。

出所:MINKABU PRESS

【関連ニュース】
22日の主なマーケットイベント
22日中国・上海総合指数=終値3606.7496(-14.5145)
22日韓国・KOSPI=終値3140.63(-20.21)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »