株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

豪ドル週間見通し:底堅い展開か、早期追加緩和観測後退が下支え  1月23日14時35分

■やや強含み、国内雇用改善で買い優勢

今週の豪ドル・円はやや強含み。米国大統領にバイデン氏が正式に就任し、新政権の大規模財政策への期待から株高となり、リスク選好的な豪ドル買い・円売りが優勢になった。また、1月21日発表の12月雇用統計で失業率は予想以上に低下し、正規雇用が増加したことも好感された。取引レンジ:79円51銭-80円52銭。

■底堅い展開か、早期追加緩和観測後退が下支え

来週の豪ドル・円は底堅い展開か。12月失業率の低下を受けて、豪準備銀行(中央銀行)の早期追加緩和観測は一段と後退し、豪ドルの下支えとなる。また、米バイデン政権の発足により、引き続き感染抑制や経済立て直しに向けた対策が期待され、株高にともなうリスク選好的な豪ドル買い・円売りが再び増える可能性もある。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・27日:10-12月期消費者物価指数(7-9月期:前年比+0.7%)
予想レンジ:79円20銭-81円20銭




<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »