株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

株価指数先物 【週間展望】 ―海外投資家の比率修正を意識も、ポジションをショートに傾けるのは避けたい  1月24日17時00分


「海外投資家の比率修正を意識も、ポジションをショートに傾けるのは避けたい」

 今週の日経225先物は底堅さが意識されるものの、やや調整ムードの強い展開が見込まれる。22日の米国市場ではNYダウが179ドル安となり3万1000ドルを割り込む一方で、ナスダックは小幅ながら4日続伸。バイデン大統領は就任直後から政策転換を加速させているが、野党・共和党からは大規模な経済対策について修正を求める声も出ていると伝わり、利益確定の動きがみられた。また、前日に決算が評価されて指数の上昇を牽引したインテルが売られており、台湾セミコンダクターやマイクロンテクノロジーなど他の半導体関連銘柄の値動きも弱い。IBMの10-12月決算で売上高がコンセンサス予想を下回ったことも嫌気されている。

 シカゴ先物は大阪比20円安の2万8610円だった。週初は落ち着いたスタートになりそうだが、日経225先物はナイトセッションで一時2万8390円まで売られる場面がみられた。米国市場の取引開始後には戻りをみせ、日中比変わらずの水準で取引を終えているが、2万8500円~2万9000円のレンジ下限を一時割り込んだことで、短期的には売り仕掛け的な動きが意識されやすい。ナスダックが連日で最高値を更新しているほか、VIX指数がボトム圏で推移していることもありリスクオンの状態であるが、SOX指数は下落しており、日経平均株価に対する寄与度の大きい値がさハイテク株への波及効果は限られる可能性もある。

 特に、今週から日米ともに主要企業の決算発表が本格化する。決算内容を見極めたいとする模様眺めムードのなかでは商いが膨らみづらく、小さなエネルギーでも大きく振らされる需給状況になりやすい。そのため、短期的にはレンジ下限(2万8500円)の下の権利行使価格である2万8375円、2万8250円辺りまでの調整は想定しておいた方がよさそうだ。また、海外勢のポジションにはキャッシュ比率の低下がみられ、ビットコインやグロース株の資産比率が高まっているとみられる。足元でビットコインの下落がみられるなど資産比率の修正も意識されやすく、しばらくは物色対象の変化も見極めていく必要があろう。

 先週の先物手口ではゴールドマンサックスによるNTショート(日経225先物売り・TOPIX先物買い)とみられる商いが観測された。NT倍率は先物中心限月で1月20日に15.51倍まで上昇しており、その後は15.40~15.50倍辺りでの高値保ち合いが続いている。テクニカル面では5日移動平均線が15.40倍辺りに位置し支持線として意識されるが、これを明確に下回ってくるようだとNTショートの流れが強まる可能性がある。

 そのほか、26日には国際通貨基金(IMF)が新たな世界経済見通しを発表する予定である。日本経済については、2021年の成長率がやや引き上げられる可能性があるとの報道もある。実際に引き上げられると海外勢による日本株比率引き上げの思惑にもつながる可能性がある一方で、失望されるとアルゴが発動するきっかけにもなり得る。ただし、利益確定に伴う足元の調整が意識されているため短期的なコール売りによるプレミアム狙いは行えたとしても、ポジションをショートに傾けるのは避けたい。レンジ下限を割り込む場面があるようならば、押し目を拾うスタンスとなろう。

 経済スケジュールでは、25日にラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁発言、独1月IFO企業景況感指数。26日に12月企業向けサービス価格指数、米11月ケース・シラー住宅価格指数、米1月消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)。27日に米アップル、テスラ、フェイスブックの決算発表、11月景気動向指数改定値、米12月耐久財受注、米FOMC政策金利発表、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長会見。28日に12月小売業販売額、12月百貨店・スーパー販売額、米前週分新規失業保険申請件数、米10-12月期四半期実質国内総生産(GDP)速報値、米12月景気先行指標総合指数。29日に1月東京都区部消費者物価指数(CPI)、12月失業率、12月鉱工業生産速報値、12月新設住宅着工戸数、米12月個人所得、米1月シカゴ購買部協会景気指数、米1月ミシガン大学消費者態度指数が予定されている。


――プレイバック・マーケット――

●SQ値
6月限 日経225 22071.46  TOPIX  1550.43
7月限 日経225 22601.81  TOPIX  1555.00
8月限 日経225 23350.79  TOPIX  1626.38
9月限 日経225 23272.88  TOPIX  1627.21
10月限 日経225 23724.23  TOPIX  1658.41
11月限 日経225 25480.28  TOPIX  1718.75
12月限 日経225 26713.47  TOPIX  1777.95
1月限 日経225 27774.95  TOPIX  1832.70

◆日経225先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/3 1月22日  28710  28740  28500  28630  -100
21/3 1月21日  28530  28840  28490  28730  +240
21/3 1月20日  28700  28820  28380  28490  -180
21/3 1月19日  28180  28710  28140  28670  +480
21/3 1月18日  28490  28570  28080  28190  -270

◇TOPIX先物(日足)
         始値   高値   安値   清算値  前日比
21/3 1月22日  1855.5  1859.0  1840.5  1855.5  -1.0
21/3 1月21日  1851.5  1870.0  1845.5  1856.5  +9.5
21/3 1月20日  1859.0  1862.0  1838.5  1847.0  -9.5
21/3 1月19日  1839.5  1860.0  1838.0  1856.5  +15.5
21/3 1月18日  1854.0  1859.5  1835.0  1841.0  -11.0

●シカゴ日経平均 円建て
           清算値  前日比
1月22日 (3月限)  28610   -20
1月21日 (3月限)  28665   -65
1月20日 (3月限)  28700   +210
1月19日 (3月限)  28715   +45
※前日比は大阪取引所終値比

□裁定取引に係る現物ポジション裁定残(金額)
      売り     前週末比   買い   前週末比
1月15日  1兆3715億円  +572億円  4302億円 +254億円
1月8日   1兆3142億円  -286億円  4048億円 -183億円
12月30日  1兆3429億円  -26億円  4231億円 +584億円
12月25日  1兆3455億円  -403億円  3647億円 +153億円
12月18日  1兆3859億円  -293億円  3493億円 -548億円
12月11日  1兆4152億円 -2740億円  4041億円 -767億円
12月4日  1兆6893億円  +746億円  4808億円 -828億円
11月27日  1兆6146億円  -159億円  5636億円 +562億円
11月20日  1兆6303億円 -1283億円  5074億円 -200億円
11月13日  1兆7589億円 -2790億円  5274億円 +1170億円
11月6日  2兆0380億円 +1464億円  4104億円 +337億円
10月30日  1兆8916億円  +80億円  3767億円 -578億円
10月23日  1兆8836億円  -317億円  4345億円  -37億円
10月16日  1兆9153億円  -947億円  4383億円 -204億円
10月9日  2兆0100億円 +1308億円  4588億円  +82億円
10月2日  1兆8791億円  +746億円  4506億円  +69億円
9月25日  1兆8044億円  +486億円  4436億円 +359億円
9月18日  1兆7558億円  +117億円  4076億円 +411億円
9月11日  1兆7441億円  +474億円  3665億円 -1864億円
9月4日   1兆6966億円  +860億円  5530億円 +419億円
8月28日  1兆6106億円  -411億円  5110億円 -105億円
8月21日  1兆6517億円  -184億円  5216億円 +184億円
8月14日  1兆6702億円 -1078億円  5031億円 +1271億円
8月7日   1兆7780億円 +1386億円  3759億円 +153億円
7月31日  1兆6393億円 -1332億円  3605億円  -93億円
7月22日  1兆7726億円  +319億円  3699億円  +15億円
7月17日  1兆7407億円  -825億円  3684億円 +500億円
7月10日  1兆8232億円  -214億円  3183億円 -665億円
7月3日   1兆8447億円  +241億円  3849億円  +60億円
6月26日  1兆8206億円  -672億円  3788億円 +147億円
6月19日  1兆8878億円  -480億円  3640億円 +786億円
6月12日  1兆9358億円 -3999億円  2853億円 -1746億円
6月5日   2兆3357億円  -896億円  4600億円 -384億円
5月29日  2兆4254億円 -1453億円  4984億円 +317億円
5月22日  2兆5707億円  +732億円  4666億円 +156億円
5月15日  2兆4974億円 +1437億円  4509億円 -681億円
5月8日   2兆3537億円  +687億円  5191億円 +195億円
5月1日   2兆2850億円 -1275億円  4995億円 +223億円

□裁定取引に係る現物ポジション(株数)
      売り      前日比    買い       前日比
1月20日  4億8920万株   +208万株  1億5579万株   +263万株
1月19日  4億8711万株   -2540万株  1億5316万株   +562万株
1月18日  5億1252万株   +366万株  1億4753万株   -118万株
1月15日  5億0885万株    -29万株  1億4872万株   +326万株
1月14日  5億0915万株   -301万株  1億4546万株   +373万株
1月13日  5億1217万株   +982万株  1億4172万株   +539万株
1月12日  5億0234万株   +2018万株  1億3632万株   -684万株
1月8日   4億8216万株   -2965万株  1億4317万株   -428万株
1月7日   5億1182万株   -1408万株  1億4746万株    +97万株
1月6日   5億2590万株   +973万株  1億4648万株   -336万株
1月5日   5億1616万株   +313万株  1億4985万株   -283万株
1月4日   5億1303万株    -50万株  1億5268万株    -12万株
12月30日  5億1354万株   +113万株  1億5281万株    -26万株
12月29日  5億1241万株   -2681万株  1億5307万株   -506万株
12月28日  5億3922万株   +1139万株  1億5813万株   +1992万株
12月25日  5億2783万株   +861万株  1億3821万株    +98万株
12月24日  5億1921万株   -505万株  1億3722万株   +475万株
12月23日  5億2426万株   +928万株  1億3246万株   +382万株
12月22日  5億1498万株   -620万株  1億2864万株   +151万株
12月21日  5億2118万株   -1648万株  1億2712万株   -928万株
12月18日  5億3767万株   -232万株  1億3641万株   -558万株
12月17日  5億3999万株   +370万株  1億4199万株   +305万株
12月16日  5億3628万株   -544万株  1億3894万株   +341万株
12月15日  5億4173万株   +141万株  1億3552万株    -28万株
12月14日  5億4031万株   +699万株  1億3581万株   -1553万株
12月11日  5億3332万株   -3262万株  1億5134万株   -5588万株
12月10日  5億6595万株   -2010万株  2億0723万株   +1002万株
12月9日  5億8605万株   -2689万株  1億9720万株   +728万株
12月8日  6億1294万株   +4528万株  1億8992万株   +2038万株
12月7日  5億6766万株   -2622万株  1億6954万株   -2905万株
12月4日  5億9388万株   +1407万株  1億9859万株   -1789万株
12月3日  5億7980万株    +72万株  2億1648万株   -966万株
12月2日  5億7907万株    -63万株  2億2615万株   -384万株
12月1日  5億7971万株   -353万株  2億2999万株   -1071万株

■日本銀行による指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ推移(通常ETF分)
6月11日 1001億円
6月12日 1001億円
6月18日 1001億円
6月19日 1001億円
6月25日 1001億円
6月29日 1001億円
7月9日  1002億円
7月10日 1002億円
7月20日 1002億円
7月27日 1002億円
7月29日 1002億円
7月31日 1002億円
8月5日  1003億円
8月18日  803億円
9月4日  801億円
9月9日  801億円
9月15日  801億円
9月17日  801億円
9月23日  801億円
9月24日  801億円
9月29日  801億円
10月14日 701億円
10月16日 701億円
10月22日 701億円
10月28日 701億円
10月29日 701億円
10月30日 701億円
11月13日 701億円
11月18日 701億円
12月21日 701億円
12月22日 701億円
12月30日 701億円
1月4日  501億円
1月15日  501億円
1月20日  501億円

株探ニュース

【関連ニュース】
信用残ランキング【売り残減少】 三菱自、JFE、神戸鋼
信用残ランキング【買い残減少】 SBG、ケネディクス、ZHD
信用残ランキング【売り残増加】 東電HD、三菱UFJ、マネックスG


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »