株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は96円高、強弱感交錯し方向感定まらず  1月25日13時24分

日経平均は96円高(13時20分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、エムスリー<2413>、信越化<4063>などがプラス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で74円程押し上げている。一方、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、医薬品、石油石炭製品、電気・ガス業、繊維製品、サービス業が値上がり率上位、海運業、建設業、金属製品、その他製品、銀行業が値下がり率上位となっている。

後場の日経平均は上値の重い展開となっている。今週から本格化する主要企業の20年4-12月期決算発表への期待感が強い一方、引き続き目先高値警戒感が意識され、また、2月7日に期限を迎える緊急事態宣言を延長するとの見方が広がりつつあり足元景気への悪影響を警戒する向きもあり、方向感の定まらない動きとなっている。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »