株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ先物見通し:反発、好材料のクラウドが相場を押し上げ  1月27日08時10分

本日のマザーズ先物は反発が予想される。26日の米国市場は、バイデン大統領がワクチン普及ペースを加速させる計画を発表、夏までに集団免疫を目指しているとしたほか、追加経済対策を巡り共和党との交渉にも前向きな姿勢を示したため寄り付き後上昇した。ただ、史上高値付近からは利益確定の売り意欲も強く引けにかけて、下落に転じた。ハイテク・通信株の比率が高いナスダックも安い。本日のマザーズ先物は、米国市場は小安く取引を終了したものの、ナイトセッションが上昇した流れを引き継ぎ反発でのスタートが予想される。海外では、マイクロソフトが10-12月期決算でクラウド関連事業の売上高が前年同期比34%増の167億ドルになったと発表している。このことからフリー<4478>などクラウド関連銘柄が相場を下支えすることが期待される。
本日の上値のメドは1300.0pt、下値のメドは1213.0ptとする。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »