株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京為替:1ドル103円60銭近辺、S&PがソフトバンクGの格付け見通しを引き上げ  1月27日09時33分

午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円60銭近辺で推移。格付け会社S&PはソフトバンクG<9984>の長期発行体格付けのアウトルックをネガティブから安定的に引き上げした。なお、格付けはBB+で据え置きした。

一方、東京株式市場は日経平均が153.15円高と上げ幅を拡大している。指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>が1000円程度の上昇となり、相場を下支えしているようだ。また、ソフトバンクG<9984>も格付け見通しの引き上げを好感してしっかりした値動きで推移している。



<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »