株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、日東電工が1銘柄で約24円分押し上げ  1月27日12時34分

27日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり133銘柄、値下がり89銘柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は反発。49.88円高の28596.06円(出来高概算5億9128万株)で前場の取引を終えている。

前日26日の米国株式相場は下落。ダウ平均は22.96ドル安の30937.04ドル、ナスダックは9.93ポイント安の13626.07ポイントで取引を終了した。バイデン大統領がワクチン普及ペースの加速計画を発表したほか、追加経済対策の共和党との交渉にも前向きな姿勢を示したため寄り付き後上昇した。ただ、利益確定の売り意欲も強く、引けにかけて下落に転じた。

米国株安を受けた今日の東京株式市場だが、寄り付き段階では買いが先行した。引き続き20年4-12月期決算発表への期待感が株価支援要因となったほか、国際通貨基金(IMF)が21年の日本の成長率見通しを3.1%と前回予測から0.8ポイント上方修正したことも安心感となった。一方、今晩米国でFOMCの結果発表とパウエルFRB議長の会見が予定されていることなどから、これを見極めたいとして積極的な買いを見送る向きもあり、前場中頃から伸び悩み、一時下げに転じた。

個別では、21年3月期業績予想を上方修正したリョーサン<8140>、ファルコHD<4671>、日東電工<6988>、フージャース<3284>、不動産業界のDX化推進に注目し国内証券が新規買い推奨したSREHD<2980>、田辺三菱製薬と自己免疫疾患に対する開発候補抗体について独占的ライセンス契約を締結したファーマフーズ<2929>、生保営業等向けオンライン営業支援パッケージを提供開始したと発表したブイキューブ<3681>、資本業務提携した日コンクリ<5269>、テノックス<1905>が上げた。

一方、第3四半期の3カ月間(20年10-12月)の営業利益が前年同期比47.1%減となったFDK<6955>、公募増資と株式売出しを発表し1株当り価値の希薄化と株式需給悪化が懸念されたハローズ<2742>、未開示だった21年3月期営業利益が前期比30.0%増予想と発表し材料出尽くし感が台頭したディスコ<6146>、21年3月期第3四半期(20年4-12月)営業利益が前年同期比65.1%増となったが材料出尽くし感が先行したコメリ<8218>、21年3月期業績予想を上方修正したが材料出尽くし感が先行した未来工業<7931>が下げた。

セクターでは、不動産業、パルプ・紙、建設業、電気機器、食料品などが値上がり率上位。一方、海運業、鉄鋼、電気・ガス業、空運業、ゴム製品などが値下がり率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の53%、対して値下がり銘柄は41%となっている。

値上がり寄与トップは日東電工<6988>となり1銘柄で日経平均を約24円押し上げた。同2位はファナック<6954>となり、テルモ<4543>、ダイキン工業<6367>、ネクソン<3659>などがつづいた。

一方、値下がり寄与トップはエムスリー<2413>となり1銘柄で日経平均を約52円押し下げた。同2位はアドバンテスト<6857>となり、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、KDDI<9433>などがつづいた。


*11:30現在


日経平均株価  28596.06(+49.88)

値上がり銘柄数 133(寄与度+193.63)
値下がり銘柄数  89(寄与度-143.75)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<6988> 日東電         10030           670 +24.13
<6954> ファナック       27735           585 +21.07
<4543> テルモ          4216           92 +13.25
<6367> ダイキン        22945           310 +11.16
<3659> ネクソン         3365           95 +6.84
<4519> 中外薬          5590           57 +6.16
<6645> オムロン         9550           170 +6.12
<7751> キヤノン         2429           107 +5.78
<9613> NTTデータ        1537           29 +5.22
<6724> エプソン         1802           72 +5.19
<4452> 花王           7669           126 +4.54
<6971> 京セラ          7002           59 +4.25
<4151> 協和キリン       3050           92 +3.31
<6762> TDK           17740           90 +3.24
<6098> リクルートHD      4641           28 +3.02
<6506> 安川電          5700           80 +2.88
<6753> シャープ         2193           80 +2.88
<5333> ガイシ          1865           77 +2.77
<4021> 日産化学         6020           70 +2.52
<6479> ミネベアミツミ     2384           58 +2.09

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<2413> エムスリー       9489          -606 -52.37
<6857> アドバンテ       8840          -260 -18.73
<9984> ソフトバンクG     8601           -64 -13.83
<9983> ファーストリテ    91280          -360 -12.96
<9433> KDDI           3260           -40 -8.64
<8035> 東エレク        44240          -170 -6.12
<6758> ソニー         10170          -115 -4.14
<4911> 資生堂          6855          -106 -3.82
<5108> ブリヂストン      3900           -51 -1.84
<4502> 武田           3735           -47 -1.69
<7733> オリンパス      1988.5           -11 -1.58
<9007> 小田急          3055           -85 -1.53
<9008> 京王           7750          -190 -1.37
<7735> スクリン         8250          -170 -1.22
<5713> 住友鉱          4779           -51 -0.92
<2282> 日本ハム         4495           -50 -0.90
<6770> アルプスアル      1552           -23 -0.83
<6902> デンソー         5954           -20 -0.72
<4503> アステラス薬     1729.5           -4 -0.72
<5019> 出光興産         2488           -45 -0.65




<CS>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »