株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

パイプドHD---パイプドビッツ、「SPIRAL ver.2」と「webtru」の連携を発表  1月27日15時14分

パイプドHD<3919>は25日、子会社のパイプドビッツが、ローコード開発プラットフォーム「SPIRAL ver.2」と、DataSignが提供するプライバシーテック・スイート「webtru」との連携を、25日から開始したと発表した。この連携により、「SPIRAL ver.2」でGDPRに対応した多言語フォームをローコードで構築し、問い合わせ内容とパーソナルデータの同意状態を一元管理できるという。

この連携は、グローバル案件に対応する企業のGDPR対応の推進が目的であり、連携のメリットは、「SPIRAL ver.2」では多言語に対応したランディングページや問い合わせフォームなどをマウス操作で構築できるため、GDPRに対応した多言語フォームのローコード開発が可能なこと、また、サイト訪問者ごとにパーソナルデータの同意状態を安全に管理できることで、煩雑化しやすいデータ管理業務の効率化が期待できるとしている。

パイプドビッツでは、高セキュリティなデータ利活用環境を追求し、顧客の業務効率化、開発生産性向上に寄与できる安全・安心な開発プラットフォームの提供に努めるとしている。




<YM>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「注目トピックス 日本株」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »